他大学院受験、理系修士のための英語やTOEICの点数について

今回は他大学院受験で必要なTOEICの点数についてお話しようと思います。

理系は英語が苦手な人が多いのでとても気になるところだと思います。

私も受験前にはネットとかでかなり調べてた記憶があります。笑

この記事では私が考える他大学院受験や修士の学生として必要なTOEICの点数についてお話します。

ちなみターゲットの読者としては、平均的な理系の修士の方としています。

他大学院受験でTOEICで必要な点数は?

まず、他大学院受験で必要なTOEICの手数ですが、

ぶっちゃけると受ける専攻や研究室によって異なります(笑)

まぁ参考に僕が行った大学院(旧帝大)での話しをします。

研究室の友人に話を聞くと

TOEICのスコアが400〜600っていうのがかなりを占めていました。
(もしかしたら300点台もいたかもしれません)

かなりばらつきがあったのを記憶しています。

というのも英語が苦手でもその他の教科で点数を取れれば良いためです。

なので、基本的には理系では500点ぐらいあって他の教科もそこそこできれば合格可能なのではないかと思います。

私の場合は700点だったのですが、だいぶ上のほうでした。

ただ、その当時はまったく話せませんでしたので、点数の割に英語ができなくて恥ずかしったです。

ちなみに、東大などはTOEFLが必要になることがあるので、注意してください。

大学院生活では英語論文を読める英語レベルで十分

では、修士の学生としてはどの程度の英語力が必要かについてお話します。

大学院生活をしていて、英語は英語論文を辞書を使いながら読めるレベルで十分であると感じました。

もちろん、ある程度喋れなければ、国際学会の質疑で困るかもしれません。

しかし、多くの学生は国際学会に行かずに終わるでしょうし、

数回の国際学会であるならば、なんだかんだ、片言の英語でもなんとかなります。

大事なのは研究内容ですので、まずは研究をしっかりやるべきです。

また、論文を書くのにも英語が必要ですが、下手な英語でもとりあえず書ければ、英文の校正サービスでがっつり直してもらえます。

なので、修士の学生であればライティングスキルに関してもそこまでいりません。
(もちろんどんどんトップカンファレンスで発表しまくりたいとかは別です)

終わりに

理系の方だと英語にコンプレックスがある方が多いと思います。

実はそのコンプレックスは修士の学生だけでなく、教授クラスでも多いと思います。

なので、とりあえずはTOEICである程度点数を取れるまで勉強して、後は論文を読みながら自分の研究分野の英語論文に慣れていけばなんとかなるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました