学歴ロンダリングの世間の評価について

大学院受験

学歴ロンダリングした時にどうしても周りから評価が気になりますよね。(少なくとも自分は気にしていました笑)

そこで、この記事では、友達にどう思われるか?企業側からどう思われるか?などを
自分の経験からをお話します。

ちなみに結論から言ってしまうと、
たいていの友人からは妬まれます笑
企業からはその大学(ロンダリング先)の学生として肯定的に評価されます。

これから詳しく説明していきます。

友人等からの評価

まず、友人からの評価ですが、
友人からの評価は表面上は「すごいね!」、「頭良いね!」と言われますが、
たまーにお酒とか飲みながらだと嫌味、妬みが出たりしますね。
「oo君はFラン大卒じゃなくて、ロンダ大学卒だもんなー。俺らとは違うわー」とか
そんな感じの嫌味です。
まぁしょうがないですよね。確かに大学院のほうが入るのは楽で、
簡単(学部に入るよりは)に自分より良い学歴を手に入れてしまうのだから嫉妬しますよね。

ただ、これらの発言はすべてただの嫉妬や負け惜しみからきているものなので、
ガン無視してかまいません。チャンス自体はその人にもあって、それを掴まなかったのはその人の責任なのだから。
そもそもそういう考え方の人たちとは一生関わらなくて大丈夫です。
他人の足を引っ張る人たちと関わりすぎると、将来的に同じように足を引っ張られて大きな利益を掴み損ねると思います。
早めに関係を絶ちましょう。
これから入る大学院でもっと良い友達と出会えるはずなので、そこで新しいコミュニティを形成すれば良いのです。
世界基準からみれば、他大学の院に進学することはかなりノーマルです。
狭い世界の価値基準でしか評価できないやつらの意見はまったく気にする必要はありません。

企業からの評価

就活をしてて感じたのですが、
本当に私達もロンダ先の学生として接してくれますし、
ロンダすることを肯定的にとらえてくれます。
「大学院から別の研究室に行ったんだな」といった事実のみ確認するだけです。
会社に入った後も同様の扱いでした。
ただ、就活ではロンダした理由は聞かれると思うので、
しっかり答えましょう。

おわりに

本記事では、周りからどのように評価されているかを述べました。
主には

  • 友人等
  • 企業

の2つからどのように評価されるかを主観的にですが述べさせてもらいました。
結果として、友人からは妬まれ、企業からは肯定的に評価されました。
まぁ結局は他人からはいろいろ言われるでしょうが、
自分の人生の責任を負うのは自分自身なので、
上述したようなことを言われるのは覚悟して、
自分で考えて決断して行動しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました