【退職】サラリーマンを辞めて最低限の収入で生活したい人が考えておくべきこと(一人暮らし用)

ミニマムに生きる

サラリーマン向いてないなーと思っていて、
最低限のアルバイトだけして生活したいたいなーと思っている少数派の人のために
実際にサラリーマンからフリーター(月収8万)なった自分からサラリーマン時代にやっておくべきだったことをお話します。
ちなみに私は一人暮らしですので、一人暮らし基準でお話します。

安い賃貸物件に引っ越す

まず、収入の多くの部分を占めているであろう家賃を減らすべきです。
私の場合は家賃3万円のアパートに住んでいます。
サラリーマン時代は6万のマンションでしたので、月の出費が半分になりました。
もちろん多少ボロいですが、仕事を何時間するより全然マシです笑
東京じゃなければ、東京に近い県(埼玉や千葉)で、3万でもけっこう良いところに住めたりします。
東京でも西側なら同じような感じらしいです。
家賃が3万〜4万ぐらいなら、月に8万弱稼げば暮らしていけます
もちろん会社を辞めた年ぐらいは税金関連で月8万では厳しいかもしれませんが、
二年目以降はなんとかなります。
同じような境遇だった人のブログや本を挙げておきます。

フリーター月収7万円で一人暮らしできる?水道高熱費や食費を公開! | みにくいあひるの子
フリーターとしてアルバイトをした月の収入が月収7万円…。それで一人暮らしはやっていけるのか?30代の独身女子のフリーターの1か月の出費と食生活を晒してみます。

サラリーマン友達を減らす、飲み会を減らす

フリーターになるので、一般的にはなかなか惨めな状況になります。
そのときに大事になるのが、サラリーマン友達とはある程度距離を置くことです。
これは2つの面で良いです。
1つが「惨めな気持ちになりくくなること」、
もう1つが「交友費を減らせること」だと思います。

惨めな気持ちになりくくなること

惨め気持ちになるのって、世間で常識的水準以下であると認識する時なような気がします。
実際にはそんな基準はないし、サラリーマン自体も本当に平均かどうかはちょっとよくわかりません。
しかしながら、毎日すごい働いている人を見ると少し気持ちが落ち込んだりします。
それは、そういう人たちばかり見ているとそのような生活が「平均・あたりまえ」であると感じてしまうためだと感じています。
つまり、自分が平均以下の人間と思ってしまうことが原因であると思っています。
そのため、なるべくサラリーマン友達は減らしていき、自分の中での「平均・あたりまえ」を調整してあげる必要があります。
これ自体は現実逃避ではまったくなく、実は「平均・あたりまえ」というものなど存在しないことがわかります。
そもそもなぜサラリーマンになるのでしょうか?
多くの理由が「生きる」ためです。つまり生活するためです。
そう、それだけ。つまり暮らすためのお金を稼ぐ手段としてサラリーマンという選択をしているだけなのです。
大事なのは、私達の目的は「生きる」こと。このことにフォーカスした場合、
サラリーマンになることは必ずしも必要なことではないのです。
つまり、そもそもサラリーマンであることを「あたりまえ」にする必要はなく、そもそも存在しないのです。
勝手にそう「認識」してしまっただけなのです。
いろいろ話してしまいましたが、 フリーターであることを惨めに思う必要はないのです。
そう考えるためにもサラリーマン友達とは一度離れましょう。

交友費を減らせる

単純に友達が減ると無駄な交友費が減らせます。
飲み会の誘いとかも少なくなるので。

あと、この生活を始めて思うことですが、
1日中会社で仕事をする生活から開放されるとストレスがかなり軽減されます。
そうするとストレス発散のための飲み会がいらなくなります。
なので、そもそも飲み会に行く必要がなくなります笑

できそうなバイトを探す

なるべく少ない時間で8万程度稼げるアルバイトを探しましょう。
ここで、一日中働いて、20万程度稼ぐようなアルバイトを選択してはいけません。
これでは、会社員と何も変わらないからです。
大事なのは、なるべくストレスなく、少ない時間で8万程度を稼ぐアルバイトを見つけることです。
私はスーパーで早朝の品出しのアルバイトをしています。
かなり楽で、朝の3時間程度で良く、程よい運動になります。
最も重要なのが、それ以外の多くの時間を自由に使えます。
そこで、あまりに暇なら好きなことを極めてビジネス化するのも良いと思います。

格安スマホに変える

スマホはさすがに必要だと思うので、
格安スマホに代えましょう。
私の場合、楽天モバイルの格安スマホで月2000円でなんとかなっています。
正直もっと減らせそうな気がしてます。

自炊をできるだけする

これは言うまでもなく、
自炊をして節約をすべきです。
ただ、これもサラリーマン時代に比べて、
時間はできるので、自炊するのもかなり容易になります。
なので、思ったよりハードルは低いと思います。
私はスパゲッティや焼きそばなどの麺類をひたすら食べています。
一日食費を300円にすることも簡単です。

終わりに

今回はサラリーマンを辞めて最低限のバイトだけして生活するために、
今からすべきことを紹介させてもらいました。
サラリーマンをやりながら、今回お話したすべてを実行することは大変なので、
少しずつシフトしていくような形で良いと思います。
そうすると退職した後に、どんな生活が待っているかを具体的に想像できると思います。
それに我慢できるかどうかが鍵になります。
実際には会社によるストレスがなく、時間もできるので、
実際に退職した後はぐっと楽になりますので、安心してください。
まずは、無駄な価値観を少しずつずらしていきましょう。
無駄に惨めな気持ちにならなくなれば勝ちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました