【退職,フリーター】会社と大学院を辞めてフリーターになるという戦略

会社・大学院を辞めた

会社員として 3 年間勤めて退職し、大学院に入学したものの結局退学しました。

正真正銘のクズです。

会社員、大学院両方とも時間に追われタスクに追われていた毎日でした。

最終的に体調を崩してしまい強制的に休むことになりました。

当初は「情けない」という感情と共に「これからどうしよう」といった不安で一杯でした。

フリーター生活を始めた。自分にあってた

しかし、しっかり生活費を見直すと、月に 7 万程度あればなんとか生活できることがわかりました。

それならアルバイトしてとりあえず生活するか。となりとりあえずアルバイトを始めました。

超簡単なスーパーでのアルバイトです。

1 日 3〜4 時間だけバイトして、月に 8 万弱の収入で生活していました。

1 日何時間も組織で働いて月 20 万ちょいの生活より、
本当に満足した生活ができていました。

これは私自身が組織で働くことが苦手ということが大きく起因しています。

正直、組織でしっかり働くことができるサラリーマンを本当に尊敬しています。

ただ、私自身は組織で働くことが嫌で嫌でたまりませんでした。

そんな人間にとっては現在のいわゆるフリーターもけっこう良いものだと思っています。

本当に会社員の方が「安定」しているのか?

この生活にシフトしてから将来に対する不安はありました。

ただ、私は「結婚」はしたくないと考えていたので自分一人が生活していけるお金だければ良いと考えていました。

そのため、収入的にもそんなに多くは必要ありませんでした。

もちろんアルバイトなので不景気になったらすぐクビになるなどの不安はありますが、それは正社員でもあることだと思います。

45歳以上が解雇されるなど正社員などでもわからない時代です。

このご時世どんな大企業も倒産するかもわかりませんし、

倒産しなくともいきなりクビにされる場合もあります。

なので、正社員にせよ、フリーターにせよ実際は将来の不安に関してはあまり変わらないのかと思います。

フリーターと言っても私のような1日に 3〜4 時間程度しか働かない人は、
時間は非常にあるわけなので、お金がないなりにお金を生み出すためのことができます。

そう考えると本当に正社員と将来への不安に関してはあまり変わらない気がします。

さらに良いことにストレスが本当に少ない。

一人でいることが好きな人と節約生活が苦にならない人にとっては

月収を下げて一人で生きていくことに時間を割くことは、

かなり良い戦略だと思います。

正直、以下の本の戦略を参考にさせてもらってます。

この本では、2 日働いて、残りの 5 日を自分で稼ぐための時間にあてるという戦略を提案してます。

私の場合、週 5 日ぐらい働いていますが、週の労働時間は同じぐらいになると思います。

この本の著者は、この戦略で最終的にはブログで多くの収入を得て、
アルバイトも辞めたようです。

終わりに

とりあえず、私はブログで食べていける気はしませんが、ブログも含めていろんなことに挑戦していこうと思います。

とにかく、会社を辞めてフリーターになる人・なりたい人にはオススメの本になります。

これから私もどうなるかわかりませんが、このような生活の形態も大いにアリだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました