テレビのニュースがコロナだと安心する【ブログ、無職】

自分が無職だとやっぱり世間からの評価が気になってしまうし、とにかく日々怯えて生きています。

最近かなり怖いのが、家族で夕飯ながらテレビを見る時です。

テレビは日本の中央値付近の人たちをターゲットにした媒体。

なので、無職という中央値から極端に離れた私とは全く異なるものばかり放送されます。

そして、問題なのが、アラサーならサラリーマンで仕事が充実していることが普通だ!ということが強調された番組。

まぁ正直自分の被害妄想なのですが、この前電車の設備師のお昼のお弁当を紹介する番組があったのですが、

完全に自分と同じぐらいの年齢の人が、奥さんが作ってくれたお弁当を食べているシーンがかなり長く流れました。

その間、家族からの視線が怖くて仕方ありませんでした。

完全に社会の中央に堂々と属している人間と、社会の端っこでうずくまっている自分。

肩身が狭くて仕方ありませんでした。

これが常識から大きく外れることなのか。それを実感しています。

だけど、とにかく前を向いてできることからどんどんやっていこうと思っています。

いつか「この日のこの気持ちがあったから今があるんだ」と言えるように突っ走ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました